女性が活躍する会社失敗させ、本気を引き出す

0 もう秋風です

admin to 未分類  

今時期ならコスモスの時期なんだろうけれど
まだ夏の花が咲いています。

今年の夏が涼しかったからなのかな?
全然全て咲き終わらない。

花が咲き終わったら、茎ごと切ろうと思っているの。
タチアオイって育てるのは初めてだったので
なんだかドキドキ育てていたけれど
想像以上にぐんぐん育ちました。

来年も綺麗な花を咲かせてくれるといいなぁ。

庭のアナベルが咲きました。
今年は植える場所を移したせいか、花が小振り。
もう少し肥料をあげたら良かった。

でも、キチンと花が咲いたからいいや。
もう一つのピラミッドアジサイは花が咲かないんだよね。
こちらは今年はダメかもしれないな。

アナベルって、花の色がすごく変わるんだよね。
日本のアジサイとはまた違う色の変化。
初めて見たときは、本当不思議でした。

今年もドライに出来るかな。
毎年ドライにするのだけど、
何かに使うわけでなく、なんだかもったいない。
今年はリースでも作ろうかな。

0 イチゴ柄が好き

admin to 未分類  

先日作ったポーチの裏地をイチゴ柄にしてみました。
すごく美味しそうでしょ?イチゴミルクみたいで。

私、昔からイチゴ柄が好きなんですよね~。
イチゴ柄も色々あるけれど、
昔からあるレトロなイチゴ柄が好きなの。

人によるのだろうけれど
私は本当小さい頃に好きだったものが
今でも好きなままです。
好みがあまり変わっていないと思う。

でも、悲しいことに、イチゴミルクの飴は
食べられなくなってしまった。
イチゴミルクだけでなく、だいたいの飴がダメなの。
口が痛くなってしまうんです。
多分製造するのに入れた材料の何かに身体が反応するのだと思う。

0 キュウリの花

admin to 未分類  

キュウリの花です。
花のところにちっちゃいキュウリの赤ちゃんが見える?
ここが大きくなっていってキュウリになるんですよ~。

この苗は、確かちょっとしおれて安くなっていたの。
実がなるまで大きくなるかな?って心配だったけれど
この調子じゃこれからぐんぐん実がなりそう。

私は黒さんごという品種のキュウリが好き。
パリパリした食感が好きなんです。
普段利用しているスーパーで
売っていないんですよね。

でも花ってどんなものも綺麗ですね。

つい最近買った、花の苗です。
名前が思い出せない~。
紫でスラッとした花なんだけどね。

昔、フラワーアレンジで使ったこともあったような。
なんだか懐かしいな。
若い頃は資格欲しくて頑張っていたけれど
時間的余裕がなくてね。

子供が生まれてからも、違う教室で再開したけれど
それも色々な事が重なって無理になって。

結局、花の資格を取る道は諦めたけれど
でも、私にとって花の資格は必要ないですよ・・・と
神様に言われている気もした。

私には、違う道が用意されているのかもしれないな。

これ何だと思いますか?
パンの発酵に使う、生イーストなんですよ。

生イーストってどんなものか知らなかったので
最初見たときは、臭~!感触も粘土みたいだなぁって
思いました。

ドライイーストとちょっと扱いが違うので
こんな感じで良いのかな?って最初はドキドキしたけれど
最初の段取りがちょっと違うだけで、
あとは一緒。

発酵の威力も全然違うよ。

あと少し残っているので、何回か焼こうと思っていますが
100gでも、なかなか使い切るのは大変です。

0 ある旅行での食事

sawada to 未分類  

私は、かなり全国を旅行しているほうだと
思います。
かなりケチケチの貧乏旅行から、新幹線の
グリーン車で行くプチ贅沢旅行まで、色々
行くほうです。
多いときには、月に1~2回、旅行に行って
いました。

ある旅行での食事で気づいたのですが、
全然、その土地の食事ではないものを
食べたときがありました。
今回の写真のようなカニなどです。

旅先と関係ない食材の提供は、ちょっと
残念な気がします。
やっぱり、貧乏旅行でも、土地の料理と
歴史を知ることが旅の満足度を上げるもの
なのだと思っています。

0 オシャレな食事

sawada to 未分類  

あんまり慣れてないところで食事をしたのですが、
一緒に食事した人も、緊張していたようなので、
お互いに笑ってしまいました。

フレンチで、本当においしいお店らしいのですが、
やっぱり、緊張していると味がわかりません。

話も何を話したのかわからないくらい、緊張して
しまったので、お店の雰囲気もほとんど覚えてません。
なのに・・・
高額な食事代になってしまいました。

2件目にいったお店は、Barだったので、
気楽にお話することができました。
その時のほうが覚えてる・・・。

でも、たまには楽しいものですね、こういうのも。

 

結婚式前のエステについて迷われるお客様はたくさんいらっしゃいます。①時期②金額③回数の三つが一番大事ではないでしょうか?そのほかに、肌質であったり、その人個人のこだわりであったり、日ごろから肌のお手入れをしているのかなどもろもろと考えなければいけないと思います。まず、私がプランナーだった時、まず最初に確認することは、「いくらまでエステにお金をだせるか?」です。日ごろから定期的にエステをされている人ならすぐに答えるでしょう。しかし、結婚式前にエステをするのがほとんどの人が初めてに近いです。

 

1度や2度したことはあっても、特別の日だからと張り切るのでしょうね。私が金額の質問をしても大抵「だいたい皆さんはどのくらいかけていらっしゃいますか?」と聞かれます。「だいたい3万~のものが人気です。」と私は答えます。私の会場では3万~が基本で、おすすめしています。なぜなら、3回コースのもので1か月まえほどからするからです。専門家の方にきいたところ、3回以上でないと正直効果は見れにくいとのことです。

あと、いきなり1週間前にして肌にトラブルがおきてもおそいからです。実は、結構結婚式前ってストレスもあり、肌にとって敏感な時期なんです。実際に私は、エステ前のシェービングをしたことがありますが、シェービング用の泡があわず、1週間ほどかゆくなり肌荒れになりました。あと、一般のエステのお店に行ったほうが価格としては間違いなく安いでしょう。しかし、エステにいったことない人は、どの店がいいかわからずに大抵結婚式場でします。結婚式をするうえで、結婚式代の支払いは人それぞれです。

 

エステ、衣装、メイク等だけ新婦が払うという方法は最近多いです。男性側が多く払うのはもちろんですが、中にはエステだけは自分のお金でこだわりたいという方もいます。そういった方は、この際ちょっと金額をあげて贅沢をしても自分のためなのでいいかもしれませんね。あと大切なのは、日ごろからエステなどのケアをしているか?ということです。調べてみましたが、日ごろからエステなどに通っているという方は、焦る必要はないそうですが、通っていない方は1~3か月前からすでにエステ(参考:結婚式エステ時期)をしたほうがいいとのことです。そのほうが、肌の調子も把握してもらえて当日をベストな状態でいけると思います。

お正月と言えば、おせちですね。
私はお正月という風習より、おせちを食べている時のほうが、日本人だなぁと実感します。
普段は和食など意識しない生活ですが、毎年必ず用意しています。
クリスマスなどのイベントも楽しいですが、やはり厳かに家族団らんに過ごせるお正月が一番好きな行事ですね。

我が家の場合は、年末25日ぐらいからおせちの段取りを計画し、26日には買い物を始めます。
お店もクリスマスの過ぎた25日あたりから一気に年末、お正月ムードになりますよね。
生鮮もの以外は早めに買っておくので、冷蔵庫がぎゅうぎゅう詰めになってしまいます。

28日あたりから下ごしらえをし、30日には出しを取ります。
普段はほんだしなどのインスタントで済ませてしまうのですが、おせちにはきちんと準備します。
昆布とかつおだしのものと、鶏がらスープを丁寧に作ります。
このあたりの段取りは母から教わったものなので、各家庭でさまざまなんだろうなぁと思います。

その出しを使って、うま煮や栗きんとん、黒豆などを作るので、30日から台所にほぼ一日中います。
今は手軽に出来合いのものがお店で売られていますし、買うほうが楽ですよね。
でも年に一度、丁寧におせちを作るのも貴重な体験なので、毎年楽しんで作っています。

最後は冷めた順番にお重に詰めて、我が家ではお正月にいただきます。
お重も小ぶりですが、気に入っている器です。
普段は騒がしい我が家ですが、お正月の時だけは厳かに年の始まりをお祝いしています。

おいしいおせち通販